弱気のような愚痴のような雑記

ただの弱気のような愚痴のような話なのですが
最近考えていることについてです。
仕事いただいてる身分でこういう話をするのは良くないことだとわかっていますが
真剣に悩んでいるので書かせてください。
(正直、こんな辺境サイトのこんなとこ読む人はいないだろうから
自分ちでくらい正直に書きたい!とおもう!)

最近、「わたしは絵や漫画を描くことを仕事にしないほうが
いいんじゃないだろうか」と考えています。
ずっと絵を描くことが好きで、それで生きていけたら幸せだと思って
そうなれるよう努力してきたつもりでした。
そして実際、仕事をいただけるようになって見えてきたことがあります。
私の絵ではこの世界でずっと生きていくには難しいこと。
絵柄や画力など努力すべきことももちろんありますが、
どうしても追い付けない「魅力」がないことは、致命的でわかっていたことでした。
自分の絵は好きですが、人の評価は変えられないですものね…。

そして漫画が描けなくなったことは以前の日記でもたびたび書きました。
どちらかというとイラストよりも漫画を描くことが好きで、
漫画を描いて食べていきたかったのですが、その漫画が描けなくなったことで
精神的にもバランスが崩れてしまいました。
なんでこうなってしまったのか、いまだに戦ってる最中であるとは以前述べたとおりです。
本人は描きたいんです!!ものすごく! でも描けない…って 伝わりますかね…
話を作ろうとするのですが、やはり描けない。
話を組み立てていく最中の頭の中のパーツがバラバラでとっちらかったままなんです。
なんでかものすごく怖いんです。話をつくることが。脳にこわい警察がいるみたいな感じ
あんなに楽しく、たくさん漫画描いてた人間がこうなるなんて、本当に人生はわからないですね…
漫画のお仕事のお話頂いたこともあります、
でも延々悩みに悩んで作れず、そんなお待たせしてる時間が申し訳なくて
自分から降りると申し迷惑をかけてしまいました。本当に不甲斐ないばかりでした。
現在もどうしたらいいのかわからなく、完全に闇の中をさまよっており
精神的支柱をなくした抜け殻のようです。
せめて趣味で描く簡単な話でも作れているならば精神的安定としてもよかったのですが。
そうなってしまった理由も含めて、
絵を描いていくことへの自信がどんどんなくなっていってしまい
仕事にしない方がいいのではないか、というように考えるようになってしまいました。

お仕事はしっかり自分のできることをつぎ込みたいと思い、
一生懸命やってきましたし、やっています。
でもこれから戦うには自分の今持っている武器が貧相すぎると感じています。
この武器は進化するのかもわからない…折れるかもしれない…
漫画が描けなくなってしまったことで自信が消えてしまったのだと思います。
もしかしたら、ほかの道に進んだ方がいいのではないかとずっとぐるぐる考えています。
いま頂いてるお仕事を終えたら、今後の絵との付き合い方を考えるべきだと思っています。
ただそれまでは精一杯自分のできること、やっていきたいです。