1/10

烏帽子チャン

最近、仕事の合間を縫って、
ちまちま趣味で作ったものを匿名で
某所にあげたりしています。
(べつに宣伝したいわけじゃないから伏せます)

時々、投げ銭してくれたり褒めてくれる人がいらっしゃって
ありがたいなあと思います。
でも作りたかった作品置いてるだけなので、
実は評価とかどうでもいいんですよねー。
こういう感覚、忘れていたな~とも思いました。

というのも、
投げ銭の数や、褒めてくれる人の多さとか、閲覧数とか
「数」を気にし始めると、もう意識が変わってしまうんですよね…
「他人からの評価」のために作り始めてしまうというか…

趣味で、自分が作りたいもの作って、それで喜んでもらえていたのに
評価軸が自分から他人になってしまったことで、
それは「仕事」になってしまうと思います。
「趣味」でやってるのに。

私はすぐ他人に流されてしまう人間なので、
だれかに気に入られるものが作りたいと
ずっと思い続けてきたように思います。
批判してくる人にも、いつか喜んでもらいたいと思っていました。
八方美人だったんでしょうねー
まあ、実際作れなくて、メンタル病んでしまったのですが!!

それならばもう、いい加減に
自分のためだけに作ることを思い出そう、って思います。
今、私はじわじわ自分軸にもどるようにリハビリしてるんだろうな~と
趣味の作品を作りながら思いました…